2017年04月24日

分からずじまい

今日、2回目の検査。

あれこれ検査した挙句、「特に異常なし」との診断。

医者は苦笑していた。

しかし、本人としては笑っていられない。

原因不明というのが一番困るのだから。




といっても、これ以上調べる術はなく、

仮にセカンドオピニオン的な所へ行ってもまた検査料がかかる。

今回だってCTやMRIなどで2万近く飛んでいった。これでは検査貧乏になってしまう。

症状は治まらない、スキルアップの為の研修は受けられない、仕事は滞る。

まさに最低の結果。




そういえば今日を含めて3連休だった。

3連休なんて超久々。シフトの関係なんだろうけど、精神的に仕事から解放され気分爽快。

今月はずっと単休だったから、休んだ気に全くならなかった。

だから疲れもずっと溜まっていたのだろうか・・・?




この休みに旅行にでも行きたかったところだが、結局寝て食べる日々。

金もないし、こんな休みも悪くないか。

来月から勤務日数が減る。そして収入も減る。

収入減は仕方ないにせよ、その分出来る範囲で自分の得になることをやりたい。

まずは体調を改善させないと。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 16:34| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

原因不明の異常なし

体重減が止まらない、と前回書いた。

それと同様に身体の疲労感も取れない。

未経験の慣れない環境、そして年齢。




“疲れるのも当たり前、そのうち慣れるさ”




軽く考えていたのだが、いまだに身体が慣れない。

頭では分かっていることも身体が付いていけない。




こんなことではいずれ事故を起こしかねないと思い、上司に今の状況を報告し、

話し合いの結果、来月から現在の仕事時間を減らすことになった。

時給で働いている以上、勤務時間が減ることは収入に直撃することになるが、

身体を壊してしまったら身も蓋もなく、自分のことは自分で守るしかない。




そして、体重減と疲労の他に、在宅介護をした頃から身体の一部が不調だったのだが、

その検査を受けに病院に行った。(施設側はこれのほうが心配だったらしい)

今日は頭部CT、レントゲン、血液検査、尿検査、来週にはMRIや腹部CTを取る。

今のところ異常は見当たらないとのこと。

でも症状はしっかり出ているわけで、原因不明の異常なしというのが一番タチが悪い。




ここ数年、そして現在進行系でストレスの連続。

身体が悲鳴を上げるのも無理もない話だ・・・。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 21:30| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

痩せ気味と失態と恩義と

体重減が止まらない。

少し前は60Kgを割るぐらいだったが、今では55Kgを割る勢い。

今、仕事で履いているズボンが体重65Kgぐらいの時に購入したもの。

当時はちょどいいサイズだったのが、今ではブカブカでベルトをかなり閉め気味に履いている。

中年太りするよりはマシかもしれないが、あまりにもガリガリだと見た目も体力も厳しい。




施設内は少し暑いぐらいの温度設定。

それでいて忙しく駆けずり回っているから、真冬でも汗だく。

食事はきちんと取っているつもりではいるが、最近驚くぐらい食が細くなった。

疲れ果てて、食うより寝ていたい気分ではある。




先日のこと。

業務中に大失態を犯してしまった。

一人でやったわけではないのだが、結果的に最も大きな原因を作ってしまったのが自分。

偉い人を交えた反省会も行われ“針のむしろ”状態。

責任取って辞めようと思ったのだが、直属の上司が反省会後に、

『気持ちを切り替えて、また頑張っていきましょう』

と、励ます始末。ほんと、頭に来るぐらい良い人すぎて困る。




もちろん、この上司の本音は分からない。(と、しておく)

ただ自分の気持ちを先回りしてフォローしてくれたことに関しては恩義に思う。

恩義に思えば、簡単には辞められない。それじゃなくとも人手不足なわけだから。




しかしながら、しばらくは肩身の狭い思いをすることになるだろうな。

さらにまた痩せそうな予感が。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 19:05| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

桜を眺め思うこと

桜が咲く季節になった。

今年は昨年よりも満開になるのが遅いのだろうか。




母を看取ってから、季節は一回りした。

思い返せば早いものだが、その日々は濃厚だったような気がする。

別れ、出会い、挫折、再出発、苦難、喜び、迷走、希望・・・。

昨年の今頃、自分が介護職に就いているなんて思っていなかった。

(年齢的には介護ぐらいしかないかな・・・と漠然とは考えてはいたが)




今の職場は若い人たちばかり。二回り年下の人なんてたくさんいる。

もっと年齢層の高い人が介護に就いているとばかり思っていたが、

若い人が介護の世界に身を置いている姿をみると、世間が思っているより介護には未来があると思う。




しかしながら、職場環境のみを考えるとジェネレーションギャップというものがあり、

自分ははっきりいって職場の中では完全に浮いている存在w

浮いているのは今に始まったことではないが。

溶け込めるような人間ではないので、開き直ってやるしかない。

仕事さえきちんとやっていれば、基本的に文句言われないしね。




今の生活、まあまあ満足している。

お給料はちょっぴりだし、嫌なヤツはいるし、年下に頭を下げないといけない。

それでも満足しているのは何故だろう。自分でも分からない。

鈍感になったのだろうか? それとも強くなった??

ある作家がこんなことを言っている。

『別離が人を強くする』

その言葉を信じれば、自分は以前よりも強くなった、と思いたい。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする