2017年02月11日

僕が歩んだ介護の路その24

木枯らしが世間を騒がす季節になった。

晩秋になって風邪が流行り出すと、父が真っ先に風邪をひいた。

きっとパチンコ屋でもらってくるのだろう。

マスクもしていたが、洗っていないものを何日も付けている状態で何の意味もなかった。

この年もゲホゲホと咳をしていた。




“毎年の風物詩だねw”




と笑ったが、父は

『お母さんの身体を支えたりすると、心臓がバクバクするんだ』

と、妙なことを言っていた。




在宅介護というのは、介護者に大きなストレスを与える。

身体的な介護もそうだが、介護保険の役所の手続きやケアマネとのケアプランの話し合い・・・。

ましてや、介護には朝も夜も休日もない。

自分も仕事で疲れ果てていて、母へのサポートが疎かになっていた。

出来る限りのことはやっていたが、仕事と並行しての介護は難しい状況だった。




父は医師の勧めもあり、精密検査(CTの撮影?)を行った。

結果が出るのは数週間後、と父は言っていた。




“やっぱり今の仕事は辞めよう。このままだと父も倒れる”




拘束時間10時間ぐらいの仕事から、3~5時間ぐらいのパートに変えて、

時間が空いた分、母の介護をやる。そうすれば父の負担も軽減する。

収入は大幅に減るが、共倒れるになるよりマシという考えがあった。

(実際、病院でのゴミ回収業務は肉体的に自分には限界だった)




『お前の考えは分かった。でも結論は精密検査が出てからにしよう』

そう父は答えた。

父は父で息子である自分に負担を掛けたくない、という思いがあったと思う。

昔の父は知らないが、自分が知る父は自分のことより家族のことを何よりも優先する人間。

ただ、父の年齢や肉体的老化、そして日増しに悪くなる母の状態を鑑みると、自分も行動に移すほかなかった。




精密検査の結果、「重症レベルではないが、心筋梗塞の恐れがあるので要注意」との結果だった。

新しい薬を3種類貰ってきた。

すでに血圧の薬やその他、いろんな種類の薬を飲んでいたので、さらに増えることになる。

『薬だけでお腹いっぱいなるね』

そんな会話を父と母とでした思い出がある。




“折を見て上司に退職することを話そう”




年内一杯で辞めるつもりだった。

そして、介護の事務手続きを自分が引き受け、負担の大きい大学病院への付き添いも自分が受け持つ。

できれば母を担当しているケアマネさんとも今後のことについて話がしたい。

そんなビジョンを持っていた。




新しい薬の飲み始めて3日後のこと。

父が死んだ。



(つづく)




《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 21:42| Comment(0) | 在宅介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

早番の朝

早番の日は、朝4時半に起きる。

起きてすぐお湯を沸かし、暴れん坊将軍をチェックw

ご飯を食べ、お茶を飲み、新聞を読み、弁当を作り、身支度を整えて、

6時半前には家を出る。




曜日によっては、ゴミ出しもあるし、朝からゆっくりしていられないけど、

朝一から急には動けない。いや、動きたくない。

今の時期は寒いし、起きるの辛いけど、早く仕事へ行く分、帰る時間も早いしね。

やっぱり明るいうちに帰れるというのはなんとも嬉しい。




遅番でも早番でも働く時間を同じなんだけど、早番のほうが時間が経つのが早く感じる。

今の仕事は嫌なことが多いけど、できることなら、早番専門で仕事がしたいと思ったりする。。。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 20:42| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

今月から一人前??

少し前の話になるが、1月分の給料が出た。

税込み約21万円。手取りで18万円ちょっと。

時給と働いた時間を考えると、想定よりも貰えたのだが、

これは年末年始の手当が含まれているからだろうか?

そういった明細が書かれていなかったのは不可解だが。




先月一杯で、見習い期間が終わった。




『見習い期間が終わりますけど、これからも頑張って下さいね』




そんなことを複数の先輩から言われた。

見習いが終わったと言っても、仕事の熟練度が一定水準まで上がったわけではない。

まだ仕事内容に対しては不安要素はあるが、上が決めたことだからあれこれ言っても仕方がない。

ただし「今日は昨日の続き」なわけで、いきなりは変われない・・・。




しかし、頑張って下さいなんて言われると困る。

3月末で辞めようと思っていたのにwww

そう言われてしまうと辞めるものも辞められなくなる。

もっとも自分は非常勤であり、新卒者が入ってくればクビになることだってあり得る。

それに今以上に「辞めたい」という思いが強くなれば辞めるだろうし。




仕事は難しい、その一言に尽きる。

ただ、『仕事探し』はもっと難しい。

そんな心のせめぎ合いの中で、明日も仕事に行く。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 20:13| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

介護を続けるか否か?

年末から施設内でインフルエンザが流行している。

今までは職員だけだったが、ついに利用者さんまで罹患してしまった。

そんなわけで職員・利用者が集まるようなイベントは全て中止。

新年会も中止になってしまった。

(下戸な自分からしたら、それはそれでラッキーなのだが・・・)




抵抗力の弱い高齢者。

不規則な生活で抵抗力の落ちている介護職員。

罹患しても納得できる話だと思う。

でも、これ以上罹患者が増えたらどうするのだろう?

高齢者施設がインフルで業務停止になった、なんて話は聞かないし。




それにしても、ここ数日は忙しい。

そして、新年度に向けて人事異動の話も出ている。

自分には直接は関係ないのだが、一緒の働いている何人かの人が他の部署に移動するとか。

代わりの人が来るなんて話はないので、さらに人手不足なる模様。

自分も新人・見習いという立場ではなくなり、一通りのことをやらないといけないことになる。

別にそのことに関しては、自分は自分の仕事をただ黙々とやるだけが、




“3月で辞めよう”

“少なくとも1年間は頑張ろう”




という思いが日替わりで交差する。




親身になって仕事を教えてくれた人への恩義、

施設介護という仕事の難しさや怖さ、

そういったものが混ざり合い、自分の中で答えの出ない答えを探し求める。

正直にいうと、自分のペースで仕事ができないもどかしさもある。

だれかに指図されたり、時間に追われたり、一息付く暇もない。

介護技術も未熟だから、余計なところで時間を要してしまうのも原因の一つ。




さらに、介護拒否なんてあると動揺する。

もっと言えば、罵倒されたり、殴られたり、髪の毛を引っ張られたり、

そんな利用者さんの暴言・暴力も、今の悩みを増長する原因なのかも。

(いつもいつもニコニコなんてできないし。しかし怒るわけにもいかず)




明日、どんな気持ちを抱いて職場を向かうのだろう・・・。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 22:22| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする