2017年04月04日

桜を眺め思うこと

桜が咲く季節になった。

今年は昨年よりも満開になるのが遅いのだろうか。




母を看取ってから、季節は一回りした。

思い返せば早いものだが、その日々は濃厚だったような気がする。

別れ、出会い、挫折、再出発、苦難、喜び、迷走、希望・・・。

昨年の今頃、自分が介護職に就いているなんて思っていなかった。

(年齢的には介護ぐらいしかないかな・・・と漠然とは考えてはいたが)




今の職場は若い人たちばかり。二回り年下の人なんてたくさんいる。

もっと年齢層の高い人が介護に就いているとばかり思っていたが、

若い人が介護の世界に身を置いている姿をみると、世間が思っているより介護には未来があると思う。




しかしながら、職場環境のみを考えるとジェネレーションギャップというものがあり、

自分ははっきりいって職場の中では完全に浮いている存在w

浮いているのは今に始まったことではないが。

溶け込めるような人間ではないので、開き直ってやるしかない。

仕事さえきちんとやっていれば、基本的に文句言われないしね。




今の生活、まあまあ満足している。

お給料はちょっぴりだし、嫌なヤツはいるし、年下に頭を下げないといけない。

それでも満足しているのは何故だろう。自分でも分からない。

鈍感になったのだろうか? それとも強くなった??

ある作家がこんなことを言っている。

『別離が人を強くする』

その言葉を信じれば、自分は以前よりも強くなった、と思いたい。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

悪い話ではないが

法人の超偉い人から呼び出しを受けた。

何事だろうか?、と思いつつ部屋を尋ねると、新年度の契約更新と新給与体系の話だった。




4月以降も今の施設で働くつもりでいるから契約については問題はない。

問題は新給与体系の話。

簡単に言うと、




時給が上がる。

が、勤務1年後に年1回支給されるボーナスが廃止。

ただし、年収ベースでは旧給与体系よりはアップ。

つまりボーナスがなくなる分、時給に上乗せってやつ。

(あと、ほんの少し色を付けてくれた)




悪い話ではない。

勤務半年程度でベースアップの恩恵に預かるわけだし。

ただ、ボーナス制度がなくなるのは寂しい。

自分はまだ貰える身分ではないが、給料とは別にまとまったお金が貰えるということは、

久しく経験していないから。わずかばかりの額だが・・・。




明日から4月。新年度。

真面目にやっていれば、さらに良いことがあるさ、と願っている。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 23:05| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

利用者と一期一会

施設には様々な利用者さんが生活している。

性別では圧倒的に女性が多い。

これは平均寿命を考えると当然なのか??




介護度でみると、かなり重篤な方もいる。

医療設備が整っている施設で生活するレベルでは?、と思いながらお世話をしている。

一方で、その逆に軽い方もお世話している。

よく入居出来たものだ、と不思議に思ったり・・・。




入居する際の基準はよく分からない。

非常勤の介護士である自分が考える必要性もないが。




半年近くやり続けると、利用者さんの人柄が分かってくる。

暴言・暴力をやられることも稀にあるが、

それが理由で、介護を辞めたいと思うことはあまりない。

むしろ感謝されることで、余計やる気が出ることが多い。

もっともやる気は出ても、それに見合うだけの体力がないけどさw




介護という仕事はとても面倒くさい仕事。

毎日のように、心の中で舌打ちをしている。

ただ、自分の思い通りになる仕事などこの世にあるわけもなく、

不本意ながらも受け入れながら淡々とやるしかない。

利用者さんから感謝されることは、ご褒美みたいなもの。




今日元気な利用者さんでも、明日になれば命の危機に陥るかもしれない。

それが介護の現場。

面倒であっても、一期一会の気持ちは忘れないようにしたい。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 21:44| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

幸運な人間

ババアとの一件は完全決着したわけではないが、いつまでも引きずっていても仕方ない。

腹の中ではともかく、表面的には【大人の対応】ってやつをしないと。

ただ、年齢だけは無駄に重ねても精神的にはいまだガキなので、うまくやっていけるかどうか・・・。

正直、自信はない。




こんなみっともない大人崩れの自分でも、

心配してくれたり、手を差し伸べてくれる人がいる。言葉では言い尽くせないほど嬉しいことで涙が出る。

自分ほど不幸な人間だと思っていたが、思えば困った時には必ずと言っていいほど助け舟を出してくれる人が現れる。

その人たちにどれほど助けてもらったか。

考えを改めなければならない。

自分は幸運な人間だ。




亡き両親が残した庭の植木に様々な花が咲き始めた。

もう春なんだね。

咲き始めた花たちが、父と母が微笑んでいるように見えた。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 21:32| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする