2018年06月05日

風変わりさんが去った朝

風変わりさん、結局どこかへ去って行ってしまった。

シフトを組むリーダーさんは、組み直しに一苦労。

自分としては、気さくに話せる数少ない同僚さんだっただけに残念。

そんな中、その風変わりさんについてこんなような会話があった。




「あの人、30で派遣なんて終わっている。しかも独身、どんな人生歩んでいるんだ!?」

近くでこの話を聞いていたのだが、自分のことを言われているようでいたたまれない気持ちになった。




“50近い非常勤、独身。どんな人生歩んでいるんだ、お前”




どんな人生と言われても、好きなこんなハードな人生歩んでいるわけじゃないさ。

結婚だってしたかったさ。でも、人並みの幸せが自分にとっては絶望的に遠い存在だった。

もちろんこれらは自分が一番悪いと分かっている。何度も何度も自分を責めた。




過去を悔いても変えることはできない。

忌々しい現実、厳しい世間様の評価が付いて回る。

今後も、こんな後ろ指を刺されながら生きていかねばいけないのだろうか。




今回のことは、風変わりさんのことを言ったまでで、自分のことを言われたわけではない。

でも負い目を深く自覚しているから、何故か自分のことを言われてように思えて仕方ない。




“辛いことはもう十分だろ。自分に対して終止符を打ってもいいんじゃない?”




大泣したくとも涙枯れ果てた自分には、虚しさだけが心が貫いた、そんな一日だった。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 22:08| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

夜勤が始まった

シフトの中に夜勤が組み込まれる生活が始まった。

夜勤というものは、昼間働く以上に疲れる。疲労度が半端ない。

ただは、仕事内容的にはゆったりしていて夜勤のすべてが「悪」という意味合いはない。

(利用者の体調急変等、アクシデントがあれば“ゆったり”とはいかない・・・)




本音をいえば夜勤なんてやりたくはない。

しかしながら、この仕事を続けていく限り“夜の側面”を経験しなければならない。

能力以上のことはできない。ましてやどんな時でも100%という都合の良いこともできない。

出来る範囲でやっていくまで。お金をもらうということは楽ではないから。




話は変わる。

職場にちょっと風変わりな人がやってきた。

経験がある人で、仕事は一通りできる。

風変わりだけなら全く問題はない。

問題なのは、その人はよく休む。

アテにしてシフトを組んでいる中で、急なバックレは業務全体に支障が出てくる。

案の定、周りの人は呆れる・・・・・・いやもうカンカンに怒っている。




自分は2日や3日で超短期離職した経験があるので、バックレる人の気持ちはなんとなく分かる。

ゆえに怒る気は不思議と起きない。困ったなぁ~とは思うがw

本人の仕事への向き合い方や感じ方にも当然問題があるだろうが、

仕事場や業務内容にも問題がないのだろうか??

去る人の気持ち、残る人の気持ち。両方共分かるだけに心の中はマーブルケーキのよう。




何度も言うが、お金をもらうことって本当に大変!

休めばその時は楽になるかもしれないが、後々ツケは必ず回ってくるもんさ。

さて、明日。風変わりさんは仕事に来るかな???



《スポンサードリンク》



ラベル:仕事 介護 夜勤 離職
posted by 左一白 at 20:56| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

来週から試験だ・・・

やっと1学期が終わった。

(ちなみに4学期まである)

終わったと言ってもすぐに1学期の単位認定試験が始まる。

どういう形での試験になるのかさっぱり分からないし、

そもそも授業を受けたことが自分自身で習得できているのかも分からない。

まあ、なんとかなるだろうw




何度も言っているが仕事と勉強の両立は大変。

やってやれないことはないけど、この2ヶ月間余裕のない毎日だった。

仕事場にいる時以外は、大学の履修に追われていた・・・。




でも不思議なことに嫌々で授業を受けていたわけじゃない。

結構、「知識を得ることは楽しいな」と思ったり。

ただし、「向上心がある」というレベルまでには達していない。

そのあたりは自分らしいというべきか。




通信とはいえ、大学生活を送ることが仕事のモチベーションを維持できればそれでOK。

介護というのは、気持ちが往々にして切れてしまうことがあるから。



《スポンサードリンク》




posted by 左一白 at 17:29| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

人の上には立てない自分

この仕事を1年半も続けていると「後輩」という存在が出てくる。

以前の仕事では、新人がやって来なかったということもあり、ずっと下っ端だった。

さすがに介護業界は人の流動性も激しいのでそんなこともない。

もっとも非常勤職員ということもあり、先輩面はしない。というよりするつもりもない。




それでもこの「後輩」という存在は、自分に対してかしこまってくるから、対応を苦慮する。




“自分はそんな存在じゃないよ。あなたは正規職員なのだから、堂々してね”




といっても、やはりかしこまってくる。

頼ってくれば助けるし、悩んでいれば相談には乗る。

でも基本的には下っ端人生だったので、「先輩」的な正しいやり方はさっぱり分からん。



《スポンサードリンク》



ラベル:仕事 先輩 後輩 介護
posted by 左一白 at 19:38| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする