2017年04月11日

痩せ気味と失態と恩義と

体重減が止まらない。

少し前は60Kgを割るぐらいだったが、今では55Kgを割る勢い。

今、仕事で履いているズボンが体重65Kgぐらいの時に購入したもの。

当時はちょどいいサイズだったのが、今ではブカブカでベルトをかなり閉め気味に履いている。

中年太りするよりはマシかもしれないが、あまりにもガリガリだと見た目も体力も厳しい。




施設内は少し暑いぐらいの温度設定。

それでいて忙しく駆けずり回っているから、真冬でも汗だく。

食事はきちんと取っているつもりではいるが、最近驚くぐらい食が細くなった。

疲れ果てて、食うより寝ていたい気分ではある。




先日のこと。

業務中に大失態を犯してしまった。

一人でやったわけではないのだが、結果的に最も大きな原因を作ってしまったのが自分。

偉い人を交えた反省会も行われ“針のむしろ”状態。

責任取って辞めようと思ったのだが、直属の上司が反省会後に、

『気持ちを切り替えて、また頑張っていきましょう』

と、励ます始末。ほんと、頭に来るぐらい良い人すぎて困る。




もちろん、この上司の本音は分からない。(と、しておく)

ただ自分の気持ちを先回りしてフォローしてくれたことに関しては恩義に思う。

恩義に思えば、簡単には辞められない。それじゃなくとも人手不足なわけだから。




しかしながら、しばらくは肩身の狭い思いをすることになるだろうな。

さらにまた痩せそうな予感が。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 19:05
"痩せ気味と失態と恩義と"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: