2017年04月11日

痩せ気味と失態と恩義と

体重減が止まらない。

少し前は60Kgを割るぐらいだったが、今では55Kgを割る勢い。

今、仕事で履いているズボンが体重65Kgぐらいの時に購入したもの。

当時はちょどいいサイズだったのが、今ではブカブカでベルトをかなり閉め気味に履いている。

中年太りするよりはマシかもしれないが、あまりにもガリガリだと見た目も体力も厳しい。




施設内は少し暑いぐらいの温度設定。

それでいて忙しく駆けずり回っているから、真冬でも汗だく。

食事はきちんと取っているつもりではいるが、最近驚くぐらい食が細くなった。

疲れ果てて、食うより寝ていたい気分ではある。




先日のこと。

業務中に大失態を犯してしまった。

一人でやったわけではないのだが、結果的に最も大きな原因を作ってしまったのが自分。

偉い人を交えた反省会も行われ“針のむしろ”状態。

責任取って辞めようと思ったのだが、直属の上司が反省会後に、

『気持ちを切り替えて、また頑張っていきましょう』

と、励ます始末。ほんと、頭に来るぐらい良い人すぎて困る。




もちろん、この上司の本音は分からない。(と、しておく)

ただ自分の気持ちを先回りしてフォローしてくれたことに関しては恩義に思う。

恩義に思えば、簡単には辞められない。それじゃなくとも人手不足なわけだから。




しかしながら、しばらくは肩身の狭い思いをすることになるだろうな。

さらにまた痩せそうな予感が。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 19:05| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

悪い話ではないが

法人の超偉い人から呼び出しを受けた。

何事だろうか?、と思いつつ部屋を尋ねると、新年度の契約更新と新給与体系の話だった。




4月以降も今の施設で働くつもりでいるから契約については問題はない。

問題は新給与体系の話。

簡単に言うと、




時給が上がる。

が、勤務1年後に年1回支給されるボーナスが廃止。

ただし、年収ベースでは旧給与体系よりはアップ。

つまりボーナスがなくなる分、時給に上乗せってやつ。

(あと、ほんの少し色を付けてくれた)




悪い話ではない。

勤務半年程度でベースアップの恩恵に預かるわけだし。

ただ、ボーナス制度がなくなるのは寂しい。

自分はまだ貰える身分ではないが、給料とは別にまとまったお金が貰えるということは、

久しく経験していないから。わずかばかりの額だが・・・。




明日から4月。新年度。

真面目にやっていれば、さらに良いことがあるさ、と願っている。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 23:05| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

利用者と一期一会

施設には様々な利用者さんが生活している。

性別では圧倒的に女性が多い。

これは平均寿命を考えると当然なのか??




介護度でみると、かなり重篤な方もいる。

医療設備が整っている施設で生活するレベルでは?、と思いながらお世話をしている。

一方で、その逆に軽い方もお世話している。

よく入居出来たものだ、と不思議に思ったり・・・。




入居する際の基準はよく分からない。

非常勤の介護士である自分が考える必要性もないが。




半年近くやり続けると、利用者さんの人柄が分かってくる。

暴言・暴力をやられることも稀にあるが、

それが理由で、介護を辞めたいと思うことはあまりない。

むしろ感謝されることで、余計やる気が出ることが多い。

もっともやる気は出ても、それに見合うだけの体力がないけどさw




介護という仕事はとても面倒くさい仕事。

毎日のように、心の中で舌打ちをしている。

ただ、自分の思い通りになる仕事などこの世にあるわけもなく、

不本意ながらも受け入れながら淡々とやるしかない。

利用者さんから感謝されることは、ご褒美みたいなもの。




今日元気な利用者さんでも、明日になれば命の危機に陥るかもしれない。

それが介護の現場。

面倒であっても、一期一会の気持ちは忘れないようにしたい。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 21:44| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする