2016年08月25日

介護職員初任者研修その15【完】

長いようで短くて、色んなことがあった

介護職員初任者研修が無事終わった。




修了試験は、だぶん大丈夫だと思う。

テスト後に解説があったので、自分の回答と照らし合わせてみたら、

恐らく合格点には到達していると思う・・・・はず。(きっと!)

再試験の場合は、事務局から2、3日後に連絡が来るらしいが。

(連絡が来ないことを期待するしかない!)




心の病気のことがあり、途中で挫折すると思っていた。

でもなんとか全日程を最短日数で終了することができた。

何故だろう?

薬を飲んでいたからなのか??

でも、眠くなるから通学中の服用は控えていたし。




講義中、母のことを思い返していた。

“優しくしてあげられなくてごめんよ、母ちゃん”

授業中、心の中で自分を責めた。

それでも「心の波風」は立たなかった。

2日で辞めた会社の時なんて、心がグラグラだったのに。




受講生の皆さんは、本当に良い人ばかりだった。

年齢層も、職業も、立場も違っているのに、

「これだけ和気あいあいとしているクラスは珍しい」と

講師の先生が言っていたような。

助けられたのかな、色んな人たちに。




さて、今後のことだ。

どういう方向へ向かうか。まだ自分でも分からない。

というより、本音を言えば自信がない。

それでも喰っていかないといけない。まだ死ねない。




個人的に(意外な人と)仲良くなった人がいる。

その人に、後ろ指を指されるようなことはしたくない。

変な意味じゃないけど、利用させてもらいましょう。

自分のためよりも、誰かのために。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 20:46| Comment(0) | 初任者研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

介護職員初任者研修その14

今日は最後の座学だった。

修了試験への対策だと思ったら、普通にお勉強w

分厚いテキスト3冊とサブテキスト1冊という濃い内容だから、

最後の最後まで学習しなければならないところがあるということ。




介護というと、老人への介護というのが一般的になるんだろうけど、

知的障害者や身体障害者、または社会的な弱者への支援というのもある。

そして、弱者支援と言っても、手の差し伸べ方は案外と大変。




テキストの受け売りなんだけど、

『共感はしても同情はするな』ということ。

同情するな、というと冷たく感じられるけど、

“こちら側(例えば健常者と言われる人)が、勝手に自分の価値観のみで判断して、

「理解してやるぜ」みたいな自己満足になってしまう可能性がある”

だから注意しろ、ということみたい。

う~ん、簡単そうで意外と難しい。




そして、以前も書いたけど、

両親が存命中に介護の勉強をしていたら、

もしかしたら両親の人生も違ったものになっていたのかもと、

講義が終わり、近くのドトールで一服するたびに思ったりする。

思っても仕方のないことなんだろうけど。




明日は修了試験だ。

試験対策は全然出来てない。

あまつさえ勝負弱さは天下一品。

さて、どう戦い抜くかな? (ザンボット3風)



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 23:55| Comment(0) | 初任者研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

介護職員初任者研修その13

実技テストは無事合格。

よかった、よかった。マジでよかったw

もっとも参加受講生全員合格だったわけだけどさ。

手順と心構えをしっかりと抑えていればOKみたいなで感じ。




参加受講生と言ったけど、出席率は7割ぐらい。

全員、自分のような失業者求職者というわけではないから、

家庭や仕事など、それぞれ都合があるのだろう。




かく言う自分って、心の病気のことがあるから、

いつ行けなくかるかもしれない、という心配があった。

今のところは落ち着いているから通えているけど。

明日のことは、本当に分からない。




実技テストも終わり、添削課題も終わった。

まだ少しだけ講義は残っているが、最期の筆記試験に向けて勉強しないと。

合格率は99%とも98%とも言われているけど、

自分のような大バカ三太郎は、その不合格率1、2%に入ってもおかしくないから。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 19:23| Comment(0) | 初任者研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする