2016年07月05日

自己紹介その2

要介護5の親の介護をやっていた。1年半ぐらい。

介護離職をして、心の準備もなく、なし崩し的に。

当時勤めていた会社に、休職や勤務時間短縮をお願いしたが、聞き入れてはくれなかった。

介護休業や育児休業だの、あれって所詮は福利厚生が充実した大企業のみのこと。

普通の会社は、「働けない者は去れ!」ってスタンスなんだよ。




在宅介護生活は苦しいものだった。うつ病にもなった。

親にも暴言を吐いたり(時に暴力も)、つらい思いをさせてしまった。

でも最後まで自分を頼りにしてくれた。そのことが切なく悲しい。




当然、ケアマネジャーさんはじめ、ヘルパーさんや看護師さんの助力を得た。

みなさん良い人ばかりで、その点では恵まれていたように思う。

見よう見まねで、介護の方法も覚えた。

即戦力で働けるよ、とケアマネさんは言ってくれた。

それが介護の仕事を志す動機になったような気がするw




介護の仕事を志すに当たって、当然仕事の厳しさも分かっているつもり。

介護の資格を持つ人の7割が、介護の仕事をしていない、なんて話を聞いたことがある。

ただ、自分のように介護で困っている人を少しでも手助けしてあげたいという気持ちもある。




実際やってみないと分からない。

介護ほど理想と現実がかけ離れているものはないと思っているから。




もう一つ理由を言えば、お金かな。

介護は低賃金というが、東京近郊に限って言えば40代でも額面20万超貰える。しかも茄子付き。

2日で辞めた会社は額面17万、昇給なし、茄子なし。

今までは自分は低賃金で働いてきたから、そう思うだけかもしれないけど。




そんなわけで今月から介護職員初任者研修会に行き始めた。

当然、守秘義務みたいなものがあるだろうけど、その辺りのことも書ければ書いていきたい。
posted by 左一白 at 21:33| Comment(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

自己紹介その1

まず自己紹介などを。

名前は左一白(ひだり・いっぱく)、年齢は40代半ば過ぎ、彼女いない歴=年齢、素人童貞。

職業、現在無職。典型的なダメ人間である。



先月、某物流会社に再就職が決まったのだが、2日目でリタイア。

リタイアした理由というのが、一つは仕事が思いのほか大変だったこと。

鉄の塊を素手に運んで仕分けするような仕事。非力の自分には無理だった。

もう一つは、うつ病が再発してしまった。再発というより暴発といったほうがいいかな。

うつ病は、親の在宅介護をしていたときになってしまったもの。

親を看取り、ようやく病気からも介護からも解放されたと思ったけど、そう簡単にはいかなかった。

3日目の朝、弁当を作り、家を出て会社へ行ったのだが、近くまで来て足がすくんで行くことが出来なかった。

そして会社に連絡して退職を旨を伝え、受理され、現在に至っている。



今後、どうするか?

そう思った時、「介護でもやるか」と思い立ち、このブログを立ち上げた。

“介護でも”という言葉が自分でも引っかかるけど、その辺りのことを追々語っていきたい。

いつまでこのブログが続くか分からないけど、介護をテーマに書いて行ければと思う。
ラベル:無職 介護 うつ病
posted by 左一白 at 14:34| Comment(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする