2017年08月08日

ロスと最低限のやる気

「◯◯ロス」という言葉がある。

◯◯には、ペットやドラマ名が入る。

要するに、生活の一部としてあったものが消え去り、

悲しさや侘しさを意味しているんだろうが、

自分もここ数年でたくさんのものを「◯◯ロス」してきた。

もちろん代わりに得たものもあったが、時々やるせない気持ちに陥る時がある。




“もうあの人たちはいないんだな”




仲良くしてくれた同僚さんたちが退職して一週間。

寂しさを実感できるほど暇ではなく、相変わらず汗だくで仕事をしている。

しかしながらモチベーションは上がらない。

(クソオバヘルはいまだに健在なのが余計に腹立たしい)




“じゃあ辞めるか”




不思議とそういう気持ちにはならない。

モチベーションが上がらない、と書いたがそれでも最低限のやる気はある。

その最低限のやる気というのが、利用者さんへの愛着みたいなもの。

面倒くさい人、文句を言う人、暴力に訴える人、意思疎通が難しい人。

いろんな人がいるけど、一人ひとりが置かれている状況を思えば憎む気持ちは起きない。

好き好んで介護施設に世話になるわけがないから・・・。

(むしろそういう人のほうが気になる存在になってしまう)




それに、自分のサポートを待っている利用者さんもいる。

これに関しては誰でもいいのかもしれないが、感謝の気持ちを示してくれるとやる気が出る。




介護という仕事は非常に難しい。

ましてや40も半ばになってから始めたわけで、その難しさも半端ない。

それでもこの仕事をやって後悔はない。むしろもっと早くやっていればと思う時が多々ある。




ただし、横のつながりを上手に構築できないのが切ない。

介護業界から去っていく人の最も多い理由が「同僚との人間関係」というのが分かるような気がする。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 22:20| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください