2017年08月04日

僕が歩んだ介護の路その27

在宅介護とフルタイムの仕事を両立させることは無理。

終日ヘルパーさんを雇う金があれば別だが、そんな金はない。

それでも、自分は両立させることを模索していた。




フルタイム勤務をパートタイムに変え、仕事に行っている間はヘルパーさんにお願いする。

収入は減るが、父の遺族年金と母の年金があればなんとか生活を維持できる。




しかし、この話を職場の上司に語ったがあまりいい顔をしなかった。

都合良すぎる話であることは重々承知している。

「とにかく、会社に自分の希望を話しなさい」と優しく上司は言ってくれた。




そして本社に出向き、全ての事情と希望を語った。

しかし会社側は、現状あなたに希望に沿うことはできません、と言われた。

覚悟はしていたが、あっさり拒否されると途方に暮れる。

やっと就職できた会社。仕事は苦痛の極みだが、精神的にはストレスフリーな職場だった。

去り難い気持ちはあったが、拒否された以上は去るしかない。




退職する旨を会社側に伝えると、翌々日には退職関連の書類が送られてきた。

人の出入りが激しい業種なだけに、対応も早いのだろう。

(仲良くしてくれた同僚さんにお別れの挨拶ができなかったのが残念ならない)




「途方に暮れる」と書いたが、介護は待ってはくれない。

とりあえず、一人で在宅介護を始めてみて、ケアマネさんに介護にかかる費用を算出してもらい、

そのうえで母の状態をみながら、短時間のアルバイトを探してみようと計画を立てた。

先の見えない戦いが始まった。




季節は年の暮れ。

行き交う人が幸せの絶頂にいるように見えた。




“どうして自分だけこんなに辛い思いをしなければいけないのだ!?”




恨み節を天に向って吠えても、天は答えてはくれなかった。



(つづく)



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 21:36| Comment(0) | 在宅介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください