2017年05月29日

人間とは難しい生き物

介護職とは、人相手にする職種。

良い意味でも、悪い意味でも、人間関係が仕事に影響を及ぼす。




自分が携わる利用者さんは、大部分が良い人ばかり。

もちろん、それにあぐらをかくことこと、誠意を持って対応している。

認知症を患っている人でも、こちらの誠意にきちんと応えてくれるからやりがいもある。

ただ、なかには辛辣な態度をする利用者さんも稀にいる。

相性の問題なのか、それとも病気の影響なのかは分からない。

不快な思いをすることも事実だが、顔には出さずやっているが。

(基本、鳥頭なので仕事場から出れば仕事のことは忘れるw)




一緒に働く同僚さんといえば、感じの良い人もいれば、悪い人もいる。

このブログで頻繁に出てくるオバヘルだけではなく、とっつきにくい人も若干名いる。

その逆に、とっても良い人もいるから不思議。

働いている時、良い人と仕事をすると良い仕事ができ、悪い人だとその逆。

相性やジェネレーションギャップみたいなものあるから仕方ないだろう、と諦めている。




今の職場、辞めるつもりはないけど、長く勤めるかどうかは分からない。

「どこへ行っても同じさ」と内心思っているけど、はてさて。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 22:42| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください