2017年05月19日

寄り添う心

介護の仕事をしていると、人の死について鈍感になる。




“所詮は他人だから鈍感になるのだろうか?”




言い方は失礼だが、肉親が亡くなった時のような感覚は覚えない。

朝、出勤すると昨日まで居た人がいない。

部屋を覗くと、ベッド周りがきれいに片付いている。

「どうしたのですか?」と尋ねると、「夜になって急にね・・・」なんてことがある。




この仕事について半年以上になるが、こんなことが何回かあった。

死に鈍感と言ったが、悲しいという思いがないわけではない。

ただ、日々の業務が忙しく悲しみに暮れる暇がない、というべきか。




ある利用者さんがいた。

今よりも仕事に慣れていない頃、自分の手を握り、

「ありがとね。あなたと私、仲良しね」と声を掛けてくれた。嬉しかった。

でも、その利用者さんは体調が悪化、意識混濁で会話ができなくなってしまった。

それでも、亡くなる前日。

自分がその利用者さんの排泄介助をして、挨拶をして立ち去ろうとした時、

消え去るようなかすかな声で、「ありがとう、ありがとう」と言ってくれた。

これが最期になると思い、こう答えた。「こちらこそ、ありがとうございました」と。




今日も施設には様々な人たちが生活をしている。

騒がしい人、大人しい人、落ち着きがない人、元気な人、そうじゃない人。

見習い介護職員の自分ができることは、利用者さんに出来る限り寄り添うこと。

悔いだけは残らないように。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 20:55| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください