2017年02月11日

僕が歩んだ介護の路その24

木枯らしが世間を騒がす季節になった。

晩秋になって風邪が流行り出すと、父が真っ先に風邪をひいた。

きっとパチンコ屋でもらってくるのだろう。

マスクもしていたが、洗っていないものを何日も付けている状態で何の意味もなかった。

この年もゲホゲホと咳をしていた。




“毎年の風物詩だねw”




と笑ったが、父は

『お母さんの身体を支えたりすると、心臓がバクバクするんだ』

と、妙なことを言っていた。




在宅介護というのは、介護者に大きなストレスを与える。

身体的な介護もそうだが、介護保険の役所の手続きやケアマネとのケアプランの話し合い・・・。

ましてや、介護には朝も夜も休日もない。

自分も仕事で疲れ果てていて、母へのサポートが疎かになっていた。

出来る限りのことはやっていたが、仕事と並行しての介護は難しい状況だった。




父は医師の勧めもあり、精密検査(CTの撮影?)を行った。

結果が出るのは数週間後、と父は言っていた。




“やっぱり今の仕事は辞めよう。このままだと父も倒れる”




拘束時間10時間ぐらいの仕事から、3~5時間ぐらいのパートに変えて、

時間が空いた分、母の介護をやる。そうすれば父の負担も軽減する。

収入は大幅に減るが、共倒れるになるよりマシという考えがあった。

(実際、病院でのゴミ回収業務は肉体的に自分には限界だった)




『お前の考えは分かった。でも結論は精密検査が出てからにしよう』

そう父は答えた。

父は父で息子である自分に負担を掛けたくない、という思いがあったと思う。

昔の父は知らないが、自分が知る父は自分のことより家族のことを何よりも優先する人間。

ただ、父の年齢や肉体的老化、そして日増しに悪くなる母の状態を鑑みると、自分も行動に移すほかなかった。




精密検査の結果、「重症レベルではないが、心筋梗塞の恐れがあるので要注意」との結果だった。

新しい薬を3種類貰ってきた。

すでに血圧の薬やその他、いろんな種類の薬を飲んでいたので、さらに増えることになる。

『薬だけでお腹いっぱいなるね』

そんな会話を父と母とでした思い出がある。




“折を見て上司に退職することを話そう”




年内一杯で辞めるつもりだった。

そして、介護の事務手続きを自分が引き受け、負担の大きい大学病院への付き添いも自分が受け持つ。

できれば母を担当しているケアマネさんとも今後のことについて話がしたい。

そんなビジョンを持っていた。




新しい薬の飲み始めて3日後のこと。

父が死んだ。



(つづく)




《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 21:42| Comment(0) | 在宅介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください