2017年01月29日

介護を続けるか否か?

年末から施設内でインフルエンザが流行している。

今までは職員だけだったが、ついに利用者さんまで罹患してしまった。

そんなわけで職員・利用者が集まるようなイベントは全て中止。

新年会も中止になってしまった。

(下戸な自分からしたら、それはそれでラッキーなのだが・・・)




抵抗力の弱い高齢者。

不規則な生活で抵抗力の落ちている介護職員。

罹患しても納得できる話だと思う。

でも、これ以上罹患者が増えたらどうするのだろう?

高齢者施設がインフルで業務停止になった、なんて話は聞かないし。




それにしても、ここ数日は忙しい。

そして、新年度に向けて人事異動の話も出ている。

自分には直接は関係ないのだが、一緒の働いている何人かの人が他の部署に移動するとか。

代わりの人が来るなんて話はないので、さらに人手不足なる模様。

自分も新人・見習いという立場ではなくなり、一通りのことをやらないといけないことになる。

別にそのことに関しては、自分は自分の仕事をただ黙々とやるだけが、




“3月で辞めよう”

“少なくとも1年間は頑張ろう”




という思いが日替わりで交差する。




親身になって仕事を教えてくれた人への恩義、

施設介護という仕事の難しさや怖さ、

そういったものが混ざり合い、自分の中で答えの出ない答えを探し求める。

正直にいうと、自分のペースで仕事ができないもどかしさもある。

だれかに指図されたり、時間に追われたり、一息付く暇もない。

介護技術も未熟だから、余計なところで時間を要してしまうのも原因の一つ。




さらに、介護拒否なんてあると動揺する。

もっと言えば、罵倒されたり、殴られたり、髪の毛を引っ張られたり、

そんな利用者さんの暴言・暴力も、今の悩みを増長する原因なのかも。

(いつもいつもニコニコなんてできないし。しかし怒るわけにもいかず)




明日、どんな気持ちを抱いて職場を向かうのだろう・・・。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 22:22| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください