2016年10月17日

介護と地方移住

あまり現実的ではない話。

憧れに近いような話というべきか。

否、寝言と言うべきか。




今、仕事を探している。

介護職一本で検討しているけど、いっその事、地方に移住することも考えている。

候補としては、長野県(松本市・上田市)か静岡県(浜松市・磐田市・袋井市)。

(東京近郊であること、病院などインフラも整っていること等の理由で)




現状を一変させたいということが最大の理由な訳だけど、

色々な思い出が詰まっている今のわが家から出たいという気持ちもある。

介護なら全国どこでも(採用は別にして)仕事ならあるし、県側も移住の窓口を設けている。

安い一軒家を買って、新たな道を歩むのも悪くないかなって思って。




わが家にはもう一人の家族と同居しているのだけど、そいつと同居するのも嫌でね。

(極力、顔を合わせないようにしている)

そいつが先に出て行ってくれれば、考えは変わるかもしれないけど、出て行く様子はないし・・・。




ただ、全てが未知数。

住居を先に探すか、仕事が先か。それすら皆目見当がつかない。

手探り状態で行けるほど、もう若くもない。

(もともと、バイタリティのある人間でもないし)

理想と現実のギャップに殺られる可能性も大きい。

実際の話、相談できるような身近な人も居ないのも躊躇う理由の一つ。




ただ、一人暮らしをする自信はある。

現に掃除、洗濯、家事、近所付き合い、役所関係の手続き等など、

すべて自分一人でやっている。

地域が変われば、違った問題も出てくるだろうから今のように行かないかもしれないが。




職を新たにするのだから、何もかも変えてみたい。

今はそんな気分。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 13:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください