2018年04月01日

大学生になったけれど

4月1日。新年度の始まり。

今日は通信大学の入学式だった。

通信制(正確に言えばeラーニングだが)ということで、不安感MAXなのだが、

予想以上に先が思いやられるような展開が待っているような気がしてきた。




“仕事と勉強の両立ができるか??”




その一言に尽きる。

入学式の際、隣りに座った方と話したのだが、その方も同じような心配をしていた。




単位の履修についても、自分で計画を立てなければいけないし、

動画を見て「へぇ~そうですか~」というほどノンビリしたものではないらしい。

(講義の内容が自分の頭で理解できるかどうかが最大の問題・・・)




四の五の言っても仕方がない。

始めてしまった以上は出来る限りのことをやるしかない。

ダメならすんなりギブアップ。

ちょっとでもやれそうなら、細く長く続けるまでさ。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 22:15| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

俺はバカだから

3月31日。

年度最終日ということで、今日限りで施設を辞める職員さんがいた。

それも複数名。皆、仲の良い人たちばかり。

前にも言ったが、仲良くなった職員さんほど辞めていくのは悲しく、虚しい・・・。




辞める理由は人それぞれ。

体調の問題もあれば、仕事内容や施設への不信感もある。

突き詰めると、人手不足で忙しすぎるということになる。

だからといって、今いる利用者を排除することなどできるわけもない。

ちなみに、4月のシフトを見てゾッとした。

こんなので乗り切れるのか・・・。




他の業種も同じだと思うが、介護業界の人手不足は深刻。

でも介護って、やっぱりキツい。

動かない人を動かすのは神経使うし、体力も使う。

言うことを聞かない人もいるし、暴言や暴力もある。

さらに言えば職場内の人間関係も複雑。

心身とも殺られて、辞めていくのも必然なのかも。




では自分はどうかというか、辞める考えは全く持っていない!

半分諦めているということもあるが、今の仕事以外に行く所なんてない。

あとは、亡き両親への贖罪の意味合いもある。(これは一言では語れないのだが)

クビになれば別だが、今はジッと耐え難きを耐え忍び難きを忍ぶ。




先日、産休育休に入った職員さんがいた。

その人が休みに入る直前に自分にこんなことを言った。

『わたしが帰ってくるまで辞めちゃダメよ』

バカだからうっかり「はい」と答えてしまったw

しかしながら、バカはバカ正直に約束は果たす主義。

他の職員から蔑まされても、利用者から罵声や暴力受けても生き残ってやるさ。

もし出来なかったらごめんなさい。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 21:54| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

実務者研修が終わったけれど

実務者研修がようやく終わった。

初任者研修の次が実務者研修なのだが、

初任者の続きではなく、全くの別物だった。

仕事と並行して研修を受けたせいもあるだろうが、

じっくりと課題と向き合う時間が取れず、かなり難儀した。





それだけに身に着いたかどうかは分からない。

介護福祉士の受験資格取得は来年11月。(実務者研修終了+実務経験3年)

試験は毎年1月末に行われるから、直近で試験を受けられるのは再来年。

長いな・・・w

その時まで介護職を続けられるかのほうが心配。




でもどうして、そんな高いハードルを作るだろうか。

ただでさえ人手不足で不足でどの施設・事業者も大変だというのに。

質の向上を求めてのことなんだろうとは思うが、

多少でも「介護って楽な仕事だな~」と思わせる施策を立てないと

介護を取り巻く全てががダメになると思うのだが。

(末端の人間が言っても意味ないか)




“実務者取ったから大幅に時給上がるといいなぁ~”




張り合いがないと、続かないよ。介護って。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 16:32| Comment(0) | 実務者研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

壊れないように

iPhoneを既存キャリアで購入した。

買って1週間めの感想は、スマホはスマホであって、PCでもガラケーでもないね、ってこと。

当たり前といえば当たり前なんだけど、とにかく馴染んでいないのが正直なところ。

自分は壊れない限り使い倒す考えだから、じっくりと自分のものにしていくつもり。




そんなわけで4月の大学生活に向けた準備を着々と進めている。

ただネットで調べるとやはり仕事との両立は大変。

自分の場合、残業もほとんどないし、通勤時間だって無いに等しいわけであり、

普通のサラリーマンに比べたら恵まれた環境にいることは間違いない。

それでも意志や信念が4年間(それ以上?)継続できるか不安・・・。




話は変わる。

どの業種でもそうなのだろうが、介護業界の人手不足は本当に深刻。

昨年秋から派遣会社から人を派遣してもらってやりくりしているようだが、

その派遣さんたちもみんな短期で去っていく。

理由は分からないが、恐らく良い現場ではないのであろう。

だからといってそれほど良い職場が他にあるとも思えず、

また去っていく派遣さんたちの仕事ぶりをみても「???」なところがある。

(もちろん、出来る人もいたけど・・・)




今残っている人たちは(自分を含めて)一生懸命やっている。

それでも限度があるから、みんな疲れている。

疲れ果てて、虚しくなり、去っていくというスパイラルに陥らないことを祈りたい。

倒産経験のある自分から言わせてもらえば、組織が壊れる時って

「金の問題」というより「人の心が離れた時」が一番危ないんだよ。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 23:43| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする