2018年05月12日

人の上には立てない自分

この仕事を1年半も続けていると「後輩」という存在が出てくる。

以前の仕事では、新人がやって来なかったということもあり、ずっと下っ端だった。

さすがに介護業界は人の流動性も激しいのでそんなこともない。

もっとも非常勤職員ということもあり、先輩面はしない。というよりするつもりもない。




それでもこの「後輩」という存在は、自分に対してかしこまってくるから、対応を苦慮する。




“自分はそんな存在じゃないよ。あなたは正規職員なのだから、堂々してね”




といっても、やはりかしこまってくる。

頼ってくれば助けるし、悩んでいれば相談には乗る。

でも基本的には下っ端人生だったので、「先輩」的な正しいやり方はさっぱり分からん。



《スポンサードリンク》



ラベル:仕事 先輩 後輩 介護
posted by 左一白 at 19:38| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

時給が上がっても眠い

仕事と通信大学の両立生活が始まって3週間。

なんとか乗り切っている感じ。

勉強のほうは、難解ながらもなんとか喰らいついている。

ただ両立させるということは、やはり大変。

仕事で体力・気力が削がれ、そのうえで学習ということになると疲労の蓄積が半端ない。

疲れているというより、朝から寝るまでずっと眠いw

睡眠時間を削っているわけじゃないけど。




2学期以降の履修計画を見直さないと思いつつも、

出来ることならば4年間で卒業したいという欲もある。

余裕のない生活を今後も送るのも嫌なのだが・・・。




話は変わって、新年度から時給が上がった。

額にすると160円のアップ。

かなり上がったように思ったが、大半は実務者研修の資格手当分。

それでも時給にしてみたら、近隣の介護施設ではありえないぐらいの高額。

喜ばしい限りである。




もう一つ。

「正規職員にどうですか?」なんてお声もあった。

正職になれば、さらに給料も上がりボーナスも出るけど、その分仕事量も増えるわけで。

大学のことを考えると、悩みどころ。

40後半でのスタートは、あれこれハンデを多すぎて困る。



《スポンサードリンク》




posted by 左一白 at 22:14| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

大学生になったけれど

4月1日。新年度の始まり。

今日は通信大学の入学式だった。

通信制(正確に言えばeラーニングだが)ということで、不安感MAXなのだが、

予想以上に先が思いやられるような展開が待っているような気がしてきた。




“仕事と勉強の両立ができるか??”




その一言に尽きる。

入学式の際、隣りに座った方と話したのだが、その方も同じような心配をしていた。




単位の履修についても、自分で計画を立てなければいけないし、

動画を見て「へぇ~そうですか~」というほどノンビリしたものではないらしい。

(講義の内容が自分の頭で理解できるかどうかが最大の問題・・・)




四の五の言っても仕方がない。

始めてしまった以上は出来る限りのことをやるしかない。

ダメならすんなりギブアップ。

ちょっとでもやれそうなら、細く長く続けるまでさ。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 22:15| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

俺はバカだから

3月31日。

年度最終日ということで、今日限りで施設を辞める職員さんがいた。

それも複数名。皆、仲の良い人たちばかり。

前にも言ったが、仲良くなった職員さんほど辞めていくのは悲しく、虚しい・・・。




辞める理由は人それぞれ。

体調の問題もあれば、仕事内容や施設への不信感もある。

突き詰めると、人手不足で忙しすぎるということになる。

だからといって、今いる利用者を排除することなどできるわけもない。

ちなみに、4月のシフトを見てゾッとした。

こんなので乗り切れるのか・・・。




他の業種も同じだと思うが、介護業界の人手不足は深刻。

でも介護って、やっぱりキツい。

動かない人を動かすのは神経使うし、体力も使う。

言うことを聞かない人もいるし、暴言や暴力もある。

さらに言えば職場内の人間関係も複雑。

心身とも殺られて、辞めていくのも必然なのかも。




では自分はどうかというか、辞める考えは全く持っていない!

半分諦めているということもあるが、今の仕事以外に行く所なんてない。

あとは、亡き両親への贖罪の意味合いもある。(これは一言では語れないのだが)

クビになれば別だが、今はジッと耐え難きを耐え忍び難きを忍ぶ。




先日、産休育休に入った職員さんがいた。

その人が休みに入る直前に自分にこんなことを言った。

『わたしが帰ってくるまで辞めちゃダメよ』

バカだからうっかり「はい」と答えてしまったw

しかしながら、バカはバカ正直に約束は果たす主義。

他の職員から蔑まされても、利用者から罵声や暴力受けても生き残ってやるさ。

もし出来なかったらごめんなさい。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 21:54| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする