2017年05月23日

僕が歩んだ介護の路その26

父の告別式が終わった翌日、母のケアマネ・Yさん(以下、Yさん)に電話を入れた。

「はじめまして」と伝え、父が亡くなったことを言うとかなりビックリしていた。




“母のケアプランもそうですが、介護保険の初歩の初歩から教えてもらえせんか?”




そう伝えると、Yさんはその翌日に飛んで来てくれた。




「全てのことが分からない」と素直に訴え、Yさんはその全てに的確に答えくれた。

当時の自分は、医療や介護の世界で働く人のイメージを悪く思っていて、

人の生死を見つめる過酷な環境ゆえ、事務的で冷淡な人じゃないと務まらないと思っていた。

しかし、Yさんは知的で温かみがあり、かつ優しい人柄でホッとした。

ちなみに、容姿は元タカラジェンヌでフリーアナウンサーの【瞳ゆゆさん】に似た雰囲気。

(残念ながら既婚者・・・というオチがあるのだがw)




初対面のその日のうちに介護保険のイロハを教えてもらい、暫定的なケアプランもまとめてもらった。

ただ、解決しなければならない大きな問題もあった。

それは「仕事」と「お金」のこと。




すぐに入居施設に入れることはできないことは分かっていた。また入れるつもりもなかった。

在宅介護を念頭に入れていたが、それ自分の仕事を捨てることになる。




“収入がなくなる状態で介護ができるのか?”




疑問以上に不安が大きかった。

Yさんも「仕事は続けられられたほうが・・・」と言ってくれた。

自分もそう考えたが、フルタイム勤務は難しい。




“ならばパート勤務にしてもらうよう会社とお願いするしかない”




しかしながら、そう甘くはなかった。

育児休暇制度や介護休暇制度が世間一般では認知されているようだが、

それはあくまでも一部の会社のみ。

当時勤めていた会社は、自分と母を冷たく突き放した・・・。



(つづく)



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 21:55| Comment(0) | 在宅介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

寄り添う心

介護の仕事をしていると、人の死について鈍感になる。




“所詮は他人だから鈍感になるのだろうか?”




言い方は失礼だが、肉親が亡くなった時のような感覚は覚えない。

朝、出勤すると昨日まで居た人がいない。

部屋を覗くと、ベッド周りがきれいに片付いている。

「どうしたのですか?」と尋ねると、「夜になって急にね・・・」なんてことがある。




この仕事について半年以上になるが、こんなことが何回かあった。

死に鈍感と言ったが、悲しいという思いがないわけではない。

ただ、日々の業務が忙しく悲しみに暮れる暇がない、というべきか。




ある利用者さんがいた。

今よりも仕事に慣れていない頃、自分の手を握り、

「ありがとね。あなたと私、仲良しね」と声を掛けてくれた。嬉しかった。

でも、その利用者さんは体調が悪化、意識混濁で会話ができなくなってしまった。

それでも、亡くなる前日。

自分がその利用者さんの排泄介助をして、挨拶をして立ち去ろうとした時、

消え去るようなかすかな声で、「ありがとう、ありがとう」と言ってくれた。

これが最期になると思い、こう答えた。「こちらこそ、ありがとうございました」と。




今日も施設には様々な人たちが生活をしている。

騒がしい人、大人しい人、落ち着きがない人、元気な人、そうじゃない人。

見習い介護職員の自分ができることは、利用者さんに出来る限り寄り添うこと。

悔いだけは残らないように。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 20:55| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

pitanさんへの返信

はじめまして。コメントありがとうございます。

私信なのでコメント欄に書こうと思いましたが、

記事にしたほうが見やすいと思い、ここに書かせてもらいます。




さぞつらい毎日をお過ごしのことでしょう。

それでも「笑顔だけは忘れたくない」という思いは、弱い人間にはできないことだと思います。

自分なんて、泣き言ばかりでしたから。(今もそうですが)




発症の時期・症状の出方は違えども、pitanさんの現在の様子はなんとなく分かるような気がします。

また、お母様の献身的な介護の様子も手に取るように分かります。

それだけに、どんなコメントを書けばいいのかと悩みましたが、

気持ちの整理がついているのなら、下手な慰めの言葉はかえって失礼なのでやめておきます。




病気の苦しみは、当事者しか分からないはずです。

でも、その苦しみを少しでも分かち合おうとする思いが家族の証だと思います。

自分も自分の亡父もそうですが、pitanさんのお母様も当たり前のように接していると思います。

どうか苦しい時やつらい時は、素直に甘えて下さい。

「精一杯生きたい」という強い意志がある限り、家族も一緒に戦ってくれます。

実際、わが家もそうでしたからね。(ケンカも沢山しましたがw)




わが家の場合、(今から思えば)母の病気や介護のことについて無知でした。

やることなすこと後手後手に回ってしまい、結果的に父も無念なことになったと思います。

ただpitanさんの場合は、ご自身が病気のことをしっかりと理解しているようなので、

お母様をはじめ、周囲の方も介護介助に関しては動きやすいと考えます。

この差は、難病介護をやった人間としてはとても大きいことだと実感しています。




幸いネットは見られているようなので、こんな辛気臭いブログは程々にしておいて、

病気のことをひとときでも忘れされてくれるような楽しいサイトをガッツリ見て下さいねw

自分は今、介護施設で働いていますが、利用者さんも介護職員も色々な人がいます。

一人ひとりに様々な生き方があるように、世界は想像もつかないぐらい広い。

ネットはそんな想像もつかない広大な世界へ簡単に誘ってくれる便利なものです。

ベッド上での生活でも、人生を楽しむ広い心だけは決して忘れないで。




そしてどうか無理はしないで下さいね。

ここへのコメントなんて要りませんよ。

時々見に来てくれれば、自分もブログを続けるやる気が出ますw




最後に、自分は「大脳皮質基底核変性症」という病気を憎みます。

この病気が完治可能になることを祈っている人間が少なからずいることを忘れないで下さい。

長文失礼しました。ありがとうございました。  左一白



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

僕が歩んだ介護の路その25

父が亡くなった時の様子は、昨日のことのように覚えている。

最後まで母のことを気に掛け、実際、急死する直前まで母の世話をしていた。

無念だったと思う。というより、自分が死ぬなんて思っていなかったのでは、と思う。




病院(当時、仕事の請負先だった)で医師から死亡宣告を受け、

病院から警察へ、警察から葬儀会社へ遺体が移され、

その後、親戚への連絡、葬儀の段取り、各種手続きなど

父の死を悲しむ余裕などないくらい、雑務に忙殺された。




実際、父の死因はよく分からない。

過労なのか? 薬なのか? それとも病気だったのか?

医師からは解剖の話もあったが、断った。

死因が特定されても生き返るわけがなかったからだ。




母は泣いた。大泣きした。

突然逝ってしまったのだから仕方がない。

でも、自分は泣いている余裕はなかった。




直近の課題であり、最大の問題である母の介護のこと。

次に、介護のやるうえで必要となってくるお金の問題。

大学病院への通院、生命保険・・・・・・ん?

そもそも通帳や印鑑、健康保険証がどこにあるのか知らないぞ??

そして、今後の自分の仕事や生活。




父の通夜。

住職の読経が響く中、母の手を握りながら山積する問題の多さに途方に暮れていた。




“葬儀が終わったらすぐにケアマネさんに連絡しよう”




そんなことぐらいしか考えることができなかった。

今思えば、父と「母の介護」について踏み込んだ話をすべきだった。

そして自分が仕事を辞めてでも父の負担を減らずべきだった。

後悔先に立たず、である。




生前、滅多に他人を褒めない父がケアマネさんのことを褒めていた。

ある意味、自分への遺言だったのかもしれない。

そして実際、このケアマネ・Yさんはその後の在宅介護生活を送ることになる自分に、

何度も助け舟を出してくれる恩人となった。



(つづく)



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 21:30| Comment(1) | 在宅介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする