2018年06月18日

2018年1学期の成績

今日、通信大学の成績発表があった。

とりあえず履修した単位はすべて取ることができた。

評価のほうも自分が思っていた以上に良かった。




“大学なんて楽勝じゃん!”




なーんてノーテンキに思えればいいのだけれど、そう思えないところが悲しい。

だって、学習したことが全く身になっていないからさw

いやいや笑い事じゃない。

まだまだ先は長い。2学期の履修計画も考えなくては。。。



《スポンサードリンク》




posted by 左一白 at 21:53| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

何もすることない

単位認定試験が終わった。

ただいま試験休み中。

そこそこ羽根を伸ばしているところではあるが、

なんとなく手持ち無沙汰さも残る。

履修期間が短いだけに、この時期(時間)は無駄なような気がする。




授業が始まると、手一杯になってしまうから、今の時期に何かをやりたい。

しかし、仕事を追われてグッタリしている生活には変わりないから、何もできないだろう。




まあ、何もできないのなら、快適に何もしない生活を送るということも一つの案。

特にこれから暑くなるわけで、体力の消耗も激しくなる。

できる限り涼しく、かつエイコンの効きを良くする意味でサーキュレーターでも買おうかと検討中。

ちょっと値段が張るけど(高すぎ!)、こんなやつ。

パナソニック サーキュレーター/扇風機 創風機Q 首振りスタンドセット シャンパンゴールド F-BP25T-N
パナソニック サーキュレーター/扇風機 創風機Q 首振りスタンドセット シャンパンゴールド F-BP25T-N

結構、音に敏感なので静かだったら本気で欲しい。




介護やっていると、なにかとADLとかQOLとか言っているけど、

まずはてめぇの生活の質を上げていかないとw



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 21:32| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

風変わりさんが去った朝

風変わりさん、結局どこかへ去って行ってしまった。

シフトを組むリーダーさんは、組み直しに一苦労。

自分としては、気さくに話せる数少ない同僚さんだっただけに残念。

そんな中、その風変わりさんについてこんなような会話があった。




「あの人、30で派遣なんて終わっている。しかも独身、どんな人生歩んでいるんだ!?」

近くでこの話を聞いていたのだが、自分のことを言われているようでいたたまれない気持ちになった。




“50近い非常勤、独身。どんな人生歩んでいるんだ、お前”




どんな人生と言われても、好きなこんなハードな人生歩んでいるわけじゃないさ。

結婚だってしたかったさ。でも、人並みの幸せが自分にとっては絶望的に遠い存在だった。

もちろんこれらは自分が一番悪いと分かっている。何度も何度も自分を責めた。




過去を悔いても変えることはできない。

忌々しい現実、厳しい世間様の評価が付いて回る。

今後も、こんな後ろ指を刺されながら生きていかねばいけないのだろうか。




今回のことは、風変わりさんのことを言ったまでで、自分のことを言われたわけではない。

でも負い目を深く自覚しているから、何故か自分のことを言われてように思えて仕方ない。




“辛いことはもう十分だろ。自分に対して終止符を打ってもいいんじゃない?”




大泣したくとも涙枯れ果てた自分には、虚しさだけが心が貫いた、そんな一日だった。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 22:08| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

夜勤が始まった

シフトの中に夜勤が組み込まれる生活が始まった。

夜勤というものは、昼間働く以上に疲れる。疲労度が半端ない。

ただは、仕事内容的にはゆったりしていて夜勤のすべてが「悪」という意味合いはない。

(利用者の体調急変等、アクシデントがあれば“ゆったり”とはいかない・・・)




本音をいえば夜勤なんてやりたくはない。

しかしながら、この仕事を続けていく限り“夜の側面”を経験しなければならない。

能力以上のことはできない。ましてやどんな時でも100%という都合の良いこともできない。

出来る範囲でやっていくまで。お金をもらうということは楽ではないから。




話は変わる。

職場にちょっと風変わりな人がやってきた。

経験がある人で、仕事は一通りできる。

風変わりだけなら全く問題はない。

問題なのは、その人はよく休む。

アテにしてシフトを組んでいる中で、急なバックレは業務全体に支障が出てくる。

案の定、周りの人は呆れる・・・・・・いやもうカンカンに怒っている。




自分は2日や3日で超短期離職した経験があるので、バックレる人の気持ちはなんとなく分かる。

ゆえに怒る気は不思議と起きない。困ったなぁ~とは思うがw

本人の仕事への向き合い方や感じ方にも当然問題があるだろうが、

仕事場や業務内容にも問題がないのだろうか??

去る人の気持ち、残る人の気持ち。両方共分かるだけに心の中はマーブルケーキのよう。




何度も言うが、お金をもらうことって本当に大変!

休めばその時は楽になるかもしれないが、後々ツケは必ず回ってくるもんさ。

さて、明日。風変わりさんは仕事に来るかな???



《スポンサードリンク》



ラベル:仕事 介護 夜勤 離職
posted by 左一白 at 20:56| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする