2017年10月15日

僕が歩んだ介護の路その28

介護離職とはいえ、再び無職に逆戻り。




“あれだけ苦労して、そして回り道してまで再就職したのに・・・”




運命や宿命というものがあるのなら、受け入れるしか術はない。

もちろん悔しさや虚しさは残る。

しかしながら、もはや昨日には戻れないのだ。

もう後ろ向きな考えはしないように心掛けた。




“先立つものがなければ、何も出来ない”




その年の暮れから正月にかけて、わが家の財務状況などを徹底的に調べた。

(葬儀代の支払いや四十九日法要でお金が必要だったということもある)




幸いなことに借入金や負債の類はなかった。

生前、父は介護でかなりの額を使ったと話していたが、思っていたよりお金を残していてくれた。

わが家の経済状況を把握した時、父の声が聞こえた。

『これでお母さんを頼む』




“分かったよ、父ちゃん。俺、腹をくくるよ”




世間では正月休みが明けていた。

早速、ケアマネ・Yさんに連絡を入れ、介護離職したことの報告や今後のケアプランについて相談した。

手始めに週5時間(1時間×5日)の訪問介護と週1回のデイサービスへの通所を決めた。

数日後、気立ての良い、頼もしいヘルパーさんがやって来た。



(つづく)



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 21:13| Comment(0) | 在宅介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

4年間は長いよ

3連休だった。

3連休なんていつ以来だろうか。

気味が悪いと思っていたが、案の定10月のシフトはちと困ったw

いずれにしても体調を崩さないように、今月も乗り切っていきたい。




東京通信大学の説明会に行ってきた。

不安に思っている点はだいぶ解消された。

(入試方法、学習方法、単位の取得、コースの選び方などなど)

仮に本気で入学するつもりならば、出身高校に行って卒業証明書を貰ってこないと。

まだ手続きまでは時間があるから、じっくり考えたい。




大学そのものも今までにない新しい試みみたいだし、こちらも4年間学習できるか未知数。

4年間・・・。

人間の考え、社会全体の動き、職場環境。ガラリ一変するには十分すぎる時間だ。




その前に「実務者研修」も受けないと。

介護の世界も資格社会で、資格でお給料の額が決まる。

ただ、上等な資格を持っていても、持っているだけじゃ意味がない。

自分のように、試験が終わった時点でスパッと頭から消え去るバカだともっとタチが悪いがw



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

閉ざすことないのに

東京ビックサイトで行われていた国際福祉機器展が終わっていた・・・。

ハガキもメールも来ていたし、行くつもりだったが忙しくてすっかり忘れていた。

自分の場合は「忙しさ=仕事で疲れ果てる」という意味なのだが、

仕事の他にも友人Cさんとのメールのやり取りがここ数日続いていた。




やり取りの詳細は避けるが、Cさん本人は介護の道へ進むつもりでいた。

しかし受け入れる側がCさんの事情を考慮してくれず、結局Cさんは別の道を進むことに。

介護現場はどこも人手不足で四苦八苦。どこもギリギリの人数で業務を回している。

多少、個人的な事情を抱えていても、やる気がある人に道を閉ざすことってどうなんだろうか??




また経験者しか取らない施設もあると聞く。

(忙しくて未経験者を教えることができない悲惨な所らしい)

しかしながら介護施設と言っても、未経験者ができる仕事は山ほどある。

そして自分は在宅介護をやっていたとはいえ、未経験で今の施設に入った。

頭の悪い自分に手取り足取り仕事を教えてくれた。そのことはとても感謝している。




Cさん自身、運がなかった。または縁がなかったのかもしれない。

幸いにして別に道がすんなり開けたので、今はその道を歩み始めたところ。

ただ、人手不足を実感している身としては残念な気持ちで一杯。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

知識を得てみたい

介護の仕事を始めてもうじき1年。

相変わらず、家に帰ると疲れ果ててブログも満足に更新できない日々。

それでも仕事へのやる気だけはなぜか失っていないのが自分でも不思議。

(人間関係は決して良好とはいえないけれど・・・)




“もっと介護の勉強してみたい”




そんな自分らしくないことを考える。

今の自分でいえば、介護福祉士という資格の取得が一つの目標としてあり、

その前段階で「介護福祉士・実務者研修」というのがある。

この実務者研修を受講しようかと思っていたのだが、ネットCMで妙なものを見てしまった。





この東京通信大学にある福祉関連の学部に興味を持ったのだが、

本当に仕事を続けながら4年間勉強できるものなのだろうか?

疑問に思うことはいくつもある。

入学試験は? スクーリングは? そしてそもそも自分に必要なものか?




社会福祉士や精神保健福祉士の受験資格を得られるのは魅力的。

知識もたっぷり得られそうだし、時給も上がるでしょう。

ただし、大学の勉強内容がおつむ弱い自分で理解できるかどうか。




偉くなりたい、現場仕事が嫌で事務仕事がしたいとかは全く思っていない。

ただ、単純に福祉や介護のことを学びたい。

自分はもう40後半。こんなことを思うなんて遅すぎるんだよ。



《スポンサードリンク》



posted by 左一白 at 21:45| Comment(0) | 非常勤のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする